火災保険は雨漏り保険にも対応します

梅雨の時期は、台風や豪雨などで大雨が降ったりします。床上浸水や水害、土砂崩れなどが起こり、雨漏りなどでも被害に遭います。火災保険の補償の対象の中には、「雨漏り」もあります。雨漏りは、ほうっておくとカビの発生・シロアリの発生が起きます。

阻止するためには、雨漏りへの的確な処置と対応が必要になります。火災保険とは、「建物などを対象に、火災・落雷・爆発・風災など事故による損害と臨時費用など、保険金を支払ってくれる保険のことです。火災保険の他にも、住宅瑕疵担保責任保険という保険があります。これは、雨漏りの修理を行った業者に対し、保険金が支払われる保険のことで、これで無料の雨漏りの補修工事が行えます。

この保険は新築から10年以内の物件に対し、無料で雨漏りの補修工事を行ってくれます。また火災保険にも請求期限があり、保険の請求期限について保険法の第九十五条にて決められています。保険の請求権は3年で時効になります。過去3年より前の事故や損害について、雨漏り保険を請求することはできません。

また保険法とは別に、保険会社で請求期限が決められていて、加入している保険会社の約款を確認するといでしょう。雨漏り保険といっても、建物に対してちゃんと、保証してくれるようです。雨漏り保険の、補償の中身まで全部理解している人は、ごくわずかだと感じます。だからこそ、いざというときの為にも、この保険に加入しているかを確認しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です