屋根の修理は雨漏り保険

雨漏りをしたらしておきたいのが、屋根の修理です。雨がやめば雨漏りは一旦収まる事になりますが、原因となる箇所をしっかりと修理をしておかなければ、何度も同じ状態を繰り返すだけでなく、雨水によって屋根裏や天井が傷んでいく事になります。ただ、屋根の修理というのは、高額に鳴ってしまう事も多いものです。そんな屋根の修理が必要になった時に利用しておいて損がないのが、雨漏り保険です。

この保険は、雨や風によって破損した屋根を修理する時に使う事が出来る保険で、火災保険についているものですが、あまり有名ではありません。それは、多く使われると、それだけ保険会社の負担が大きくなる為です。その為、保険会社側は説明をしない事も多く鳴っていますが、条件に当てはまれば、雨漏りや屋根の修理を無料で行う事が可能となります。雨漏り保険を使う条件となるのが、強風や雨等で、屋根が破損した場合や、雨漏りが起きた場合等です。

それに対して、対象にならないのが、経年劣化によって雨漏り等が起きた場合ですが、この経年劣化が原因かどうかという判断は、保険会社が行う訳ではありません。保険会社が経年劣化かどうかを判断するのであれば、雨漏り保険が適用されない可能性が高くなりますが、経年劣化が原因かどうかという判断は第三者機関が行う為、経年劣化が原因でなければ、保険が適用される可能性は高くなります。ですから、雨漏り保険の存在を覚えておいて損はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です