雨漏り保険は存在するのか

日本は一年を通して雨が多い国です。梅雨・秋雨・夏の集中豪雨・台風そして雪国であれば降雪もあります。更に春一番をはじめとする突風や強風が吹き、突然雨漏りを起こす事が多々あります。雨漏りは何処から起きるか予測不能で、水の侵入経路を特定する事が難しく気がついた時には、大きなダメージを受けている場合が多いです。

いざ修理となると多額の費用を要し、直ぐに対応出来ない場合もあります。しかし、雨漏りは放置する訳にもいきません。その様な時は雨漏り保険として火災保険を使用できる場合があります。火災保険は一般的に火災に対して支払われるイメージがありますが、雨漏り状況によっては適用される事があります。

火災保険の補償は、火災・風災・水災・落雷・雪災などが対象です。雨漏り保険として適用になるには風災補償として扱われる必要があります。風によって、壁や屋根が傷み剥がれたりした場合に補償されます。ただし風による影響であっても補償対象外のケースもあります。

それは、経年劣化による腐れや錆びなど長年の消耗に伴った劣化で雨水が侵入した場合は対象外です。定期的なメンテナンスや修理を行っていれば、吹込みによる被害も避けられたと判断され保険金は支払われないので注意してください。雨漏り保険は、自然災害にのみ適用されますが誰が見ても明らかに風によって被害を受けそうな状態では、保険適用とならないので日頃からのメンテナンスは必要となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です