万が一の際には雨漏り保険を使う

住宅を購入した際には、必ず火災保険への加入を行います。火災や自然災害などに対して支払われる保険金ですが、意外と知られていないのが、雨漏りに対しても対象になり実質0円で屋根修理などを行う事が可能です。万が一の際にかけた保険ですので、使わない手はありません。しかし、雨漏りなら何でも適用になるかと言えば話は別ですので注意が必要です。

火災保険の適用範囲は、火災・水災・風災・雪災・落雷・ひょう災など自然による予期せぬ事が起きた時に支払われます。雨漏り保険の適用は、風災補償として検討され適切と判断されれば保険金が支払われます。雨漏りなので水災補償かと思われがちですが、洪水・高潮・土砂崩れなどの自然災害に適用され雨漏りは自然災害に該当しません。もともと雨漏り保険と言う項目の保険は存在しませんが、風によって屋根や外壁がめくれたり、剥がれたりした際に雨漏りが起きた場合は風が原因と判断されて風災補償の適用範囲内として判断され、保険金を受け取る事が出来る可能性があります。

ただし、水漏れや雨漏りに関しての解釈が保険会社によって微妙に異なるので、加入前に確認する事も大事です。注意点がひとつあり、雨漏り保険として対象外のものがあります。建物の経年劣化や老朽化に伴う雨漏りは適用外となります。これらは、風が無くても普通の雨でも雨漏りが生じている可能性があり風との因果関係が立証しにくい事が挙げられます。

建物は、普段からのメンテナンスや修繕を行う事で保険の対象となるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です