雨漏りは雨漏り保険で

雨漏りに気づいたら、早めの修理が大切です。雨水は部屋に入ってくる前に、一度、天井裏に溜まる事になります。雨漏りがした場合、部屋に入ってきている雨の量だけを気にする人は少なくありませんが、それ以上に天井裏に水が溜まっている事があります。天井裏に多くの水が溜まれば、家が腐食する原因となり、腐食してからでは多額の修理費が必要となります。

ですから、雨漏りに気づいたら早めの修理が大切です。早い段階であっても、雨漏りに対する修理は高いのではないかと不安に感じる人は少なくありません。ですが、火災保険の雨漏り保険を利用すれば、無料で修理が出来る可能性があります。その為には暴風や大雨等の風災による破損である事、3年以内の破損である事、修理費用が20万円を超えている事等が条件となります。

雨漏り保険を利用する時、20万円を超えた部分の修理費用しか出ないのではないかと考えてしまう人もいますが、20万円を超えていれば、全額保険で修理をする事が出来るようになります。ですから、屋根の修理が必要であれば、雨漏り保険を利用しておいて損はありません。風災による破損かどうかは、保険会社が確認するのではなく、第三者機関が調査をして判断をする事になります。ですから、風災が原因であると認められれば、しっかりと保険が適用されます。

ただ、その為には修理後ではなく、修理をしたいと考えた時点で、保険会社に相談をしておく事が重要になってきます。名古屋の水漏れ修理のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です