不断水工法のメリットとは

不断水工法は既設管内の水の流れを止めずに配管工事を行う技術です。かつては配管工事を行うために既設管内の水の流れを止めていました。水の流れを止めるには古いバルブを動かす必要がありますが、古いバルブには赤錆が付着しています。バルブを動かすと赤錆が剥離して水が濁るので配管工事の後で清掃が必要になります。

また工事現場の近くにバルブがないと広い範囲で断水が生じるので、周辺住民への告知や給水車の手配などが必要です。不断水工法では既設管内の水の流れを止めずに配管工事ができるので、これらの作業が不要となります。不断水工法には分岐工法と凍結工法の2種類が存在します。分岐工法は機械的に穴を開ける方法で、凍結工法は液体窒素を使用して作業箇所の両端を凍結させバルブの代わりとする方法です。

凍結工法では部分的な断水が生じますが全体的には通水状態のまま作業ができます。分岐工法は割T字管と仕切弁、穿孔機を使用して既設管に穴を開けますが完全な通水状態のまま作業が可能です。不断水工法は様々な付帯作業を省略できるだけでなく、工事自体に必要な時間も短くて済むため総合的な工事期間を短縮できます。営業中の大型商業施設などでは各階ごとに配管工事が必要となる場合があります。

凍結工法は凍結箇所をバルブの代わりとして利用するので、バルブがない場所や遠く離れた場所でもスムーズに作業を行うことができます。営業中の大型商業施設などでの配管工事に最適な方法です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です