マンション雨漏りは、一軒家とは異なる

マンション雨漏りは、雨漏りという括りになりますが、事情や対策が大きく異なります。少なくとも、一軒家と同じように考えてはいけません。まず、マンション雨漏りが起こりうるケースについて。1つ目は、屋上の不備。

一軒家に例えると、屋根になります。こうなった場合、屋上の防水工事をするのが一般的になるでしょう。ですが、そう簡単にいきません。何故なら、責任の所在がはっきりしないからです。

基本的に、マンションのオーナーが負担する事になるでしょうが、もし屋上が立ち入りできるのであれば話は別です。原因がはっきりしない中で、オーナーが負担するのは考えにくい。オーナーが泣き寝入りする可能性が高くなるからです。2つ目は、人為的な問題になります。

屋上以外で、マンション雨漏りをするケースとして考えられるのは、床の劣化です。飲み物をこぼしたり水を使う所で、床を通じて下の階の天井に、雨漏りのように濡れた跡が見つかる場合があります。中には、経年劣化により悪意がないのも関わらず、下の階に漏れる時もあります。そうなった場合、下の階の住民はもちろんですが、オーナーと揉める可能性が出てきます。

マンションは、上下階に他の人が住んでいる事により、マンション雨漏りの被害は大きい上に広がっていきます。決して忘れてはいけないのが、独断や近隣住民だけで解決させるのはダメだという事。マンションの価値に関わる場合があるので、オーナーと必ず相談してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です