マンション雨漏りはトラブルのもと

マンション雨漏りは、戸建てと違って様々な住人入居している集合住宅という特徴から、大きなトラブルに発展してしまう可能性もあります。まず、マンション雨漏りは戸建てよりも判断が難しいとされています。天井から水が染みだすような状況が発生した場合、雨漏りとは限らずに上階から何らかの原因で水漏れが起きている可能性もあるためです。水漏れが原因で室内に損害が発生した場合、損害に対して保険が下りることもあるので修理や復旧が比較的楽です。

ですが、原因が雨漏りであった場合ですと、保険の対象とならないことが多く見られます。マンション雨漏りが原因で室内に損害が発生してしまうと、修理が自己負担となる可能性も少なくありません。マンション雨漏りが起きた場合、誰が修理するのかがトラブルの原因になることがあります。屋上から雨漏りが生じている場合、屋上部分はマンションの共用部分として扱われているため、通常なら修理を負担するのが管理組合となります。

しかし共用部分ではなく専用部分として扱われる天井などは、雨漏りでシミなどができた場合、その部屋の住人の持ち物にシミができたという扱いになります。このようなケースですと、修理代金は誰が支払うべきかという問題が起きます。主たる原因は共用部分の雨漏りですから、賠償責任は管理組合にあると住人が考えても、管理組合や管理人との考え方の違いでトラブルになることあります。賃貸物件の場合は借主の故意で生じた問題でなければ、修理に対する支払い義務が生じません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です