マンション雨漏りの原因と対策

マンション雨漏りの原因は人為的なものと配管などの故障によるものの2つに分かれます。人為的なものはトイレに不適切なものを流して詰まらせた、洗濯機のホースが外された、玄関などの防水処理が行われていない場所を水洗いしたというものが挙げられます。配管の場合は劣化や腐食など原因を特定するのが難しく、すぐにマンション雨漏りを止めることができなく被害が拡大する場合もあります。マンション雨漏りは外壁に発生する場合もあります。

外壁の場合は外壁コーキングの劣化やサッシ周りの劣化などがあります。自分が生活している部屋から水漏れや雨漏りがあった場合は、できる限り早くマンションの管理人や管理会社、必要に応じて管理組合に連絡をし雨漏りの原因が何であるのかを突き止め、止めてもらうことが大切です。軽度だから自分で治すと自分で作業を行ったり、そのまま放っておくことは被害が拡大する可能性があるため行わないようにしましょう。また、写真を撮って被害状況を記録しておくのもいいでしょう。

自分の部屋が原因で下の階に水漏れが発生している場合は、すぐにその原因を取り除き、管理会社や管理人など必要箇所に連絡をしましょう。水漏れはいつどんな原因で発生するか分からないため、管理組合でどのような保険に入っているのか確認するとともに、自分でも保険に加入するなどして、万が一のときに備えることがマンションで生活する上で欠かせないことといえるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です