マンション雨漏り時の対処法

マンション雨漏りが起きた時、どのように対処すればいいのか悩んでしまう方はいるはずです。戸建ての場合はすぐに修理を依頼することができますが、マンションは集合住宅ですので雨漏りが起きたからといって勝手に修理を依頼してしまうとトラブルになってしまう可能性もあります。そこで知っておきたいのがマンション雨漏り時の対処法です。まず一番に確認しなければいけないのが、本当に雨漏りなのかどうかという点です。

最上階じゃない場合、マンション雨漏りは上階から水漏れが起きている可能性もありますので必ず確認しなければいけません。確認した結果、雨漏りだった場合は、基本的には管理会社や大家に連絡をするのが一番です。この時、誰が修理代金を払うのかといったことが気になるかもしれませんが、基本的に賃貸物件であれば借主に支払い義務が発生することはありません。貸主は借主が普通に住むことができる家を貸すという義務がありますので、普通に住むことができなくなる雨漏りが起きている場合は、貸主側に修繕義務が生じるのです。

ですので、共用スペースではなく専用スペースといわれる部屋の天井などに雨漏りによるシミができたからといって、借主に支払い義務が生じることはないため、自分で対処するのではなく管理会社や大家に連絡をするようにしましょう。ただし、自分の不注意などで雨漏りが起きたような場合は、これに含まれませんので、連絡をして事情を説明した後に修繕費用を払う必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です