ユニットバスへリフォームすることの利点

ユニットバスとは、工場で予め浴槽などを組み立てておき、それを新築やリフォームの対象となる浴室にそのまま組み込むことをいいます。必ずしもトイレと一体になっているとは限りませんが、費用を安く抑えることや、工事をより簡易的に行うためなどの目的から、トイレや洗面台と一体となっている場合が多いです。特に費用を抑える必要性が高いマンションやホテルなどの建物においては、新しく建てる建物のみならず、従来の浴室のリフォームとして、ユニットバスへ変更するところも増えてきています。ユニットバスへリフォームすることの利点としては、前述した費用を安く抑えられることや、工事をより簡易的に実施できるなどの他にも様々なことが挙げられます。

まず、従来のタイル造りの浴室よりも保温性や耐水性に優れているので、寒い冬でも快適であり、かつお風呂やトイレをまとめて掃除することが可能になります。カビも生えにくいので、衛生面でも優れているといえるでしょう。また、工事の期間が短いことにおいては、従来のタイル造りの浴室からユニットバスへリフォームする場合には、工事によっては即日完了することもあり、その日の内にお風呂に入ることが可能です。ただし、オーダーメイドの浴室を設計するよりは自由度に劣り、自分の好きな浴室をプロデュースすることは困難なので、特にお風呂にはこだわりたいという人には向きませんが、最近ではユニットバスへのリフォームによっても、少しずつですが自由度が増しているので、どこまで設計を自由にできるか確認してから実施するようにすると効果的です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です